事務所紹介

 熊坂技術士事務所は、製造業を中心とする技術・生産・経営コンサルティング事務所です。

 代表の熊坂は全国でも希少な「博士(工学)」と「技術士(経営工学部門、総合技術監理部門)」と「技術経営修士(専門職)」という研究/技術/経営3大国家資格を併せ持つことで、理論と現場と経営を絶妙にバランスさせたアドバイスを提供します。
 製造企業のさまざまな課題を解決する手段を提案、指導し、特に「設計品質向上」「効率的な開発設計プロセスの確立」「新製品/新事業企画・開発支援」を得意としています。
 クライアント企業の製品、人材、規模、成熟度といった現状に合わせて、最適な方策と実行支援を提供することで、事業の発展を実現します。
 理論一辺倒でもなく、現実に甘んじることなく、現実的で実践的な内容と進め方をクライアント企業の責任者と協議しながら、着実に進めます。

代表 熊坂治のプロフィール
 

1979年 東北大学工学部応用物理学科卒
卒業後、パイオニアにて基礎研究、プロセス設計開発、生産技術、製造技術、品質技術、工場企画、新事業開発、技術営業などの実務、管理職を経験。


2009年12月 「熊坂技術士事務所」開設


2010-2019年 山梨学院大学現代ビジネス学部講師「ものづくり経営論」

2019年-現在 東京農工大学グルーバル教育院客員教授「技術経営入門」

2011年 産業革新研究所を設立し、「ものづくりドットコム」にて製造業向けの情報発信サービスを展開し、会員3万人の事業に成長させて、2021年ブロードリーフ社に売却

 

多様な業務経験に加えて、以下のような特質を持っています

  • 5年間の米国駐在と、海外営業として10カ国以上を訪問した国際性

  • ISO9000取得を事務局長で主導し、経営品質の内部アセッサーとして多数の組織に改善提言し、ベストアセッサー賞を受賞するなど、業務革新経験が豊富

  • 多数の組織に対して教育、支援、指導の実績

  • ITベンチャー経営の経験から各種クラウドツールの活用とWebマーケティングの知識

 

​主な職務​​と受賞

  • 日本技術士会:山梨県支部長、蔵前技術士会幹事、東京農工大学技術士会幹事、2019年会長賞受賞

  • 品質工学会:評議員、広報委員、山梨県研究会幹事

  • 日本経営工学会:人材育成委員、2018年実践賞受賞

  • 株式会社産業革新研究所:創業者、アドバイザー、2020年甲府市子育て優良企業受賞、2021年やまなしワーキングスタイルアワード受賞、2021年SDGs宣言

  • Earth on Edge(アントレプレナー育成プログラム):外部評価委員

  • 山梨科学アカデミー:正会員

  • ​山梨県オープンイノベーション推進ネットワーク会議委員