中小製造業の技術経営(その6 中小製造業の事業戦略)

1.中小製造業の事業

 大企業であれば、複数の事業領域に複数の製品を扱っていることが多いものですが、中小製造業ではアイテムが多いものの、単一事業領域でものづくりしている場合が多いようです。

事業戦略を策定するには標準的な手順があり、効果的なツールを活用しながら進める
図1.事業戦略策定の手順

 であれば事業間の注力バランスを検討するためのPPM (Product Portfolio Management)分析などは不要であり、比較的シンプルな事業戦略策定プロセスになります。中小製造業の事業戦略策定について考察します。


2.事業戦略策定の手順

 事業戦略の手順およびそれに使われる手法類の関係を図1に示します。戦略は事業の目的を達成するためのリソース配分ですから、手順のスタートは事業目的の設定もしくは確認から始めるべきであり、そのためにそもそもの企業理念と事業ドメインの確認は必須です。前述のように中小企業では単一事業活動であることも多く、その場合企業理念は事業目的と近いものになるでしょう。

 事業目的と対象ドメインが確認出来たら、外部・内部環境を分析し、その結果を掛け合わせて事業戦略を策定します。このプロセスで使われるツール類は、戦略策定そのものではなく前段の分析・調査を目的とするものが多いことが特徴です。



3.理念: MVPは企業の根幹

抽象的な理念から現場での戦術まで方針を一貫して展開する必要がある。
図2.方針展開の体系

 事業戦略策定というか事業そのものの第一歩はMVPです。ひと昔前のMVPは経営に必要なMission、Vision、Passionでしたが、今では企業理念ともいえるMission、Vision、Purposeでしょう。日本語にすれば「使命、展望、目的」となります。

 企業の存在意義など、日々の仕事の中で考える機会はほとんどないものの、重要な経営判断で迷った時に自社のMVPと照らし合わせることで、思いがけずスルっと決まることもあります。


 M,V,Pはいずれも企業の意思と意義を表すものであり、相互の差異は微妙です。単語の原義からすると、Missionはやらねばならないこと、Visionは将来的に目指すべき姿、Purposeは企業活動の目的であり、文章的には結構違うようにも見えますが、相互に深い関係性があるため、厳密に分けて考えるよりは、統合的企業理念 (Most Valuable Philosophy)としてふわっと(概念的に)考えて良い様に思います。


 企業理念を決める時は次の3項目を盛り込むと良いと言われながらも、優良企業の理念を見ても必ず3つが入っているわけではありません。

(1) 自社が社会に何を提供するか

(2) そのためにどのように運営するか

(3) 社員はどのような思いで行動するか

 何といってもこれらの中では、MissionでありPurposeでもある(1)が最も根幹です。すでに何十年もものづくりを続けてきた企業であれば、当然その製品や技術がここに相当するわけですが、社員が奮い立つために単なる「物や技術」をMVPにするのではなく、それを通じて実現される状態、例えば「〇〇によって社会を革新する」「お客様の笑顔を増やす」などを目指すことを勧めます。


 また社会変化に応じてタイムリーに修正が必要な戦略、戦術と異なり、MVPは頻繁に変えるものではありません。少なくとも10年から20年は継続して、従業員の指針になるように熟慮したいものです。

企業ミッションを設定する時には情熱を持って取り組め、専門で、経済的原動力になる分野を選ぶ。
図3.企業ミッションの設定

 Missionは右図3のように次の3項目の重なる部分に設定しましょう。

(A) 情熱を持って取り組める

(B) 自社が世界一になれる

(C) 経済的原動力になる

 (A)が欠けると推進力が生まれず、(B)が欠けると競争に勝てず、(C)が欠けると事業継続に必要な資金が枯渇します。


次回以降、事業戦略策定の手順に従って、具体的な作業とそれに役立つツール類について解説していきます。



Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square